ガラス張り桟道
発表時間:2018-06-22   閲覧量:871

ガラス張り桟道は、老爺頂遊覧エリアの名所・雲峰画廊にあり、全長290メートル以上、幅約1.7メートル、八里溝観光エリアが開発したレジャー向けの観光プロジェクトの1つだ。その上を歩いて遠く眺めると、視野が広々として、回りの景色が一望できる。また、桟道は崖に寄り添って作られ、足元に透明のガラスが張られているため、「空を歩く」感覚は色々と思い浮かばせてくれる。ガラス張り桟道の上に立つと、宙に浮いたような感じで、視野が広がり、遠い所の景色が一望できる。更に、観光客に一層楽しんで頂けるように、無料で靴カバーをご提供している。

大雨、強風、降雪といった急な出来事が発生した場合、ガラス張り桟道は閉鎖される可能性がある。それを除き、桟道は通常通りに開放する。

  

wps125C.tmpwps126C.tmpwps126D.tmpwps127E.tmp


関連情報
親水節※水に親しむ祭
雲南省の傣族の潑水節※水をかけ合う祭を見る度に、旱魃に苦しま……
もっと
親水節※水に親しむ祭
親水節※水に親しむ祭
ガラス張り桟道
ガラス張り桟道は、老爺頂遊覧エリアの名所・雲峰画廊にあり、全……
もっと
ガラス張り桟道
ガラス張り桟道
漂流
 八里溝漂流の全長は1200メートル、落差は10メ……
もっと
漂流
漂流
モバイルサイト
mobile_qrcode

2次元のスキャン