老子布道
発表時間:2018-06-26   閲覧量:319

山神廟観光スポットは、象形の奇峰と怪岩で名を知られるここは、周りに異形の山峰が林立する。前方の峰は一人の年長者に酷似する。彼は頭に方巾を被り、腰に紐帯を巻き、まるで青牛に乗ったまま、滔々として説経しているように見える。これこそ、地元で名高い「老子布道」だ。老子は河南の鹿邑に生まれ、五千字の『道徳経』を残し、わが国の古代の偉大なる哲学者と思想家である。言い伝えでは、老子はこの山の上から、足元の八里溝を延々と流れる渓流を俯瞰して始めて、「柔よく剛を制す」という道家の理論を悟ったという。老子は、今でも四季の輪廻の中で季節の変わりを、星座の移り変わりの中で世間の波を観察している。


関連情報
2018-06-26
言い伝えでは、東漢の開国皇帝・劉秀の下の……
more
2018-06-26
九蓮潭とは、九つの潭と水が繋がっている意……
more
2018-06-26
言い伝えでは、昔々、太行山辺りは広大な海……
more
モバイルサイト
mobile_qrcode

2次元のスキャン