老鍋菜
発表時間:2018-06-21   閲覧量:478

老鍋菜は、地鍋燴菜とも呼ばれ、太行山脈地区の伝統料理だ。ここの人々は主食の大米飯、粟飯、饅頭、麺類を食べる時に、いつも老鍋菜を別皿にしないで主食と一緒に盛る。殆どの老鍋菜は、サツマイモの春雨をメインに、白菜・人参・茄子・莢隠元・豆腐・昆布といった他の食材を加えて煮込んだ後、調味料を入れてとろみをつければ、老鍋菜の出来上がりだ。食べる前に、先ずご飯を食器に盛り、その上に老鍋菜をかける。

wpsFB15.tmpwps9F93.tmp


関連情報
黄金饅頭
黄金饅頭は、八里溝の地元で栽培した玉蜀黍を磨り臼で粉にし、発……
もっと
黄金饅頭
黄金饅頭
蜜汁長芋
食感は蜜のように甘い。パリパリの衣に包まれた柔らかい長芋に甘……
もっと
蜜汁長芋
蜜汁長芋
灰灰菜※白藜
白藜の苗、若い茎と葉は食べられ、美味で舌触りが柔らかく、栄養……
もっと
灰灰菜※白藜
灰灰菜※白藜
モバイルサイト
mobile_qrcode

2次元のスキャン