伴侶石
Time:2018-06-26   Click:1071

言い伝えでは、昔々、太行山辺りは広大な海だった。海辺に変てこな岩礁が沢山あった。ある日、海辺を散歩する幼馴染の恋人同士は、いつの間にか岩礁に登り、早朝から暗くなるまで話をしていた。思いも寄らず、二人の「いつまでも心は変わらない」誓いが、龍王に聞かれてしまった。龍王は小さい波を起こして二人の気持ちを試そうとしたが、なんと力を入れ過ぎてしまい、天地をひっくり返してここを陸地にした。恋人同士も2つの伴侶石に変わってここに立ったという。

これはあくまで伝説だったが、現代になって、考古学者は、まるでこの伝説の謎を解いたように、なんと老爺頂下の絶壁の中に厚い水淘石や滑らかな玉石、海藻の化石が堆積されているという驚きの事実を発見した。


related information
2018-06-26
「百年合好樹」の高さは15メートル・幹回りは5メートル・樹冠は100平米で、幹はまっすぐに伸び、枝葉は茂り、樹齢は長く、太行八里溝のドングリの木の始祖である。遠……
more
2018-06-26
言い伝えでは、東漢の開国皇帝・劉秀の下の大将軍・馬武は、少年の時に仇敵から逃れるために、此処に隠居し、毎日川の向こうへ行き、放牧して暮らしていたそうだ。ある日、……
more
2018-06-26
言い伝えでは、西漢の末期に、帝位を簒奪した王莽は、横暴に富を巻き上げ、荒淫の限りを尽くし、民衆の強い反発を買った。立て続けに緑林蜂起と赤眉蜂起が起こった。当時、……
more
モバイルサイト
mobile_qrcode

2次元のスキャン