山水文化
Time:2018-06-26   Click:733

変化に富む地形と心地良い気候が南太行の独特の山水文化を生み出した。新郷市の南太行山の標高は300メートルから1800メートルある。観光エリア全体は非常に珍しい三段絶壁になっていて、史前の造山運動や浸食作用の痕跡が目立ち、その赤い崖を特徴とする嶂石岩地貌は、国内では珍しい。地質と地貌が多様なこのエリアには、典型的な地質構造、標準の地形断面、赤岩の絶壁、生物化石の発掘ポイント、景観になる侵食の跡形、象形岩石、洞窟といった地理文化の景観があり、高山から水が集まって、水資が豊かなこのエリアには、滝やダムが非常に多く、多様で、秀麗で、活気に溢れる水文化の景観を擁している。独特の地質や地貌、山水文化によって、新郷の南太行はレジャー・養生・観光・リゾートを一体化したクライミング基地、撮影基地、書画の郷に造り上げられた。


related information
2018-06-26
西蓮寺遊覧エリアにある九蓮山の西蓮寺は、東漢の時に創建されていた。西蓮寺は大きくないが、三大奇観がある。この廟の山門は、後ろの大殿の向きと合っていなく、ややずれ……
more
2018-06-26
回龍遊覧エリアは道教の発祥地の一つだ。標高1570メートルもある孤峰の上に、青石構造で、梁がなく、八卦の半円型屋根に鉄の瓦で覆われ、鉄の鋳物の玄武神像が祭られる……
more
2018-06-26
新郷市の八里溝観光エリアにある回龍遊覧エリアは、気宇壮大でときめき、詩にも絵にもなるような壮美な景色を有し、伝世文献史料のような重厚な文化も有する場所だ。全国人……
more
モバイルサイト
mobile_qrcode

2次元のスキャン