蝋燭峰
Time:2018-06-26   Click:743

言い伝えでは、開祖が老爺頂で悟りが開かれて仙人になった後、昼夜問わずに押し寄せる四方の信者達は、険しい山道を水も漏れないほど遮ったため、押し合って墜落者まで出た。それを聞いた開祖は、一本の蝋燭に明かりを点けてこの山頂に立て、信者のために道を照らしている。ところが、ある年になって、邪教がいつも夜に信者を襲ってくる。それを聞いた開祖は蝋燭の明かりを吹き消し、邪教徒を墜落死させた上、お参りに登山する信者に、ご加護のあるように法力を発動した。その後、蝋燭が山に変わり、信者のために道を照らす象徴となり、人々の交通安全を見守っている。


related information
2018-06-26
言い伝えでは、東漢の開国皇帝・劉秀の下の大将軍・馬武は、少年の時に仇敵から逃れるために、此処に隠居し、毎日川の向こうへ行き、放牧して暮らしていたそうだ。ある日、……
more
2018-06-26
山神廟観光スポットは、象形の奇峰と怪岩で名を知られるここは、周りに異形の山峰が林立する。前方の峰は一人の年長者に酷似する。彼は頭に方巾を被り、腰に紐帯を巻き、ま……
more
2018-06-26
言い伝えでは、昔々、太行山辺りは広大な海だった。海辺に変てこな岩礁が沢山あった。ある日、海辺を散歩する幼馴染の恋人同士は、いつの間にか岩礁に登り、早朝から暗くな……
more
モバイルサイト
mobile_qrcode

2次元のスキャン